おすすめ!アメリカ ラスベガスで夢のアメリカンドリーム旅行!

職業旅人仲間のタカシです!

今回は僕が足を運んだ国、アメリカはネバダ州ラスベガスへ行った時の

体験談をお話ししたいと思います!

 

VEGAS

 

僕がラスベガスに訪れたのは、ちょうど夏の暑い時期。

アリゾナから北上し、ラスベガスまでレンタカーで行きました。

 

夢のラスベガスというだけあって、建造物も何もかもがゴージャス!!

丘から見る夜景は、何万ドルの夜景!?というくらいに輝いて綺麗です。

 

ギャンブルで成り立っていると言っても過言ではないこの街。

人生で一度は訪れる価値がありました。

 

そんなに経済的に余裕がない?

でも、大丈夫。ちょこっと遊んで、観光するだけでも、

 

ラスベガスを満喫することができます!

 

ラスベガスはこんなところ↓

https://www.youtube.com/watch?v=uG1qZlEtorM

 

アメリカ ラスベガスの街に圧倒される!

SCREEN

 

ラスベガスのダウンタウンは、とにかくカジノ、カジノ、そしてカジノ

カジノが軒を連ねており、そのビルの形もなかなか変わっています。

 

エジプトを模したカジノや、巨大なビートルズの写真が組み込んである

ホテル、かの有名なトランプタワーまであります。

 

ここは人種は様々で、観光客から地元の人まで、とにかく

毎日がわんさかしている印象でした。

 

夜は、クラブやバーが盛り上がっており、カジノの中でも

お酒が飲めて喫煙もできます。

 

そして何よりすごいのがそのスケール

 

日本でいう商店街?(笑)フリーモントストリートなるものがあり、

世界で一番おおきなスクリーンだそう。

 

そのストリートの端から端までが、スクリーンでおおわれており、

幻想的な映像を映し出しています。

 

かと思えば、そのすぐ下にワイヤーが引いてあり、人が括り付けられて

行き来しています。遊園地のようなアトラクションになっており、

エンターテイメント性の高さが半端ないです(笑)

 

ラスベガスでいざカジノでギャンブリング

SLOT

 

ラスベガスのカジノで遊びました!

カジノは数えきれないくらい存在し、

遊ぶ場所によっては、スロットの機種が違ったりします。

 

スロットは日本のパチスロなどとは違い、ルールがわりと簡単。

お金を投入して、とにかく回すことが大事。

 

回して回して、なんとかジャックポットを当てよう!

 

僕はなんとジャックポットを当てました!ただし、掛け金が最小額だったので、

300ドルくらいにしかなりませんでした(汗)

 

でも、有難い当たりでした。おかげでビュッフェが食べられた(笑)

 

この他にも、ブラックジャックや、ビデオポーカーなど、遊べる機種は多様。

いろんなタイプのゲームがあり、見てるだけで面白い!

 

カジノはそれぞれに特色があります。

 

僕は全部回れませんでしたが、ビールやお酒が無料のところもあると聞きました。

いろいろ回ってみて、相性のいい所を探してみて下さい。

 

ただし、遊び過ぎは禁物ですよ!

ゲームによっては掛け金はすぐにふっとんでしまいます。

計画的に遊びましょう!!

 

アメリカ ラスベガス カジノのレストラン

BUFFET

 

カジノではソフトドリンクコーヒーが無料のところもあります。

そして、カジノに併設されたレストランでは、高級な食材も食べられます。

 

僕の場合は、たまたま貰ったレストランの割引券が使えたのもあって、

あるカジノのビュッフェにて晩御飯をたべました。

これがまた高級食材をふんだんに使っており、大満足でした!

 

日本食、中華、イタリアンからステーキまで・・・すべてビュッフェなので食べ放題。

デザートなんかも凝ったものが出てくるので、何を食べようか迷ってしまいます!

 

ピザも好きだけど、今ピザ食べるのはもったいない!ということで、

アリゾナ牛のローストビーフとステーキを食べまくりました。

 

そのあとはカジノのバーでローカルビールを飲んで楽しみました。

・・・・こりゃお金持ってたら全部使っちゃいそうだな、というのが率直な感想です(笑)

 

アメリカ ラスベガスの運転事情

TRAFFIC

 

ラスベガスもまた広いので、車での移動ができたほうがいいと思います。

もちろんタクシーでも移動はできます。

 

ダウンタウンのはずれにもカジノがあり、街のカジノと違い人が少なくて、

過ごしやすいのが魅力です。

 

ラスベガスの人々の運転が結構荒くて、最初は苦労しました(笑)

ガンガン攻めてくるので、こっちも強気で運転しないと、、と思ってしまします。

 

運転は慣れれば大丈夫と思います。

ややこしい道路なんかもあるので、やはり安全一番で運転したほうがいいです。

 

アメリカ ラスベガスでは屋外パーティなんかもやってたり

PARTY

 

僕が訪れたのは夏のラスベガス。

とにかく熱い!

 

どれくらい熱いかというと、ずっとサウナに入って移動しているような、

すごい熱気なんです。ただし、湿気はありません。

 

ですので、水は絶対に携帯した方がいいです!

脱水症状だけは避けましょう。

 

そしてこの暑い中、巨大な野外パーティーがあった様子で、

若い男女が、裸同然でうろちょろしていたりします。

 

定期的にライブイベントなどもやっているようなので、

カジノ以外でも遊びたい人は、イベントは要チェックですね!

 

アメリカ・ラスベガスドリーム旅行まとめ

1.水は携帯しよう!
2.楽しいが、遊び過ぎには注意。
3.ごはん食べるならビュッフェ。
4.バラエティに富んだビルは一見の価値あり。


砂漠のド真ん中に位置するラスベガス。

街から出ると、夜景がきれいです。空を眺めると

星雲を見ることができますよ!

 

バランス良く遊んで、ラスベガスを満喫しましょう!

世界を自由に旅する、そのヒントは?「職業旅人」で!

サブコンテンツ
go top