【職業旅人仲間レポート】モロッコの古都フェズ旅行おすすめの過ごし方

職業旅人仲間のまきこです!

今回はわたしが足を運んだ国、

モロッコのフェズへ行った時の体験談をお話ししたいと思います!

Fez2

 

“モロッコ”と聞いてみなさんどんな風景を思い浮かべますか?

 

私は、夫に「モロッコに行ってみようか?」と言われたとき、

「え、モロッコ・・・?!」もはやまったく風景をイメージできませんでした。

(モロッコってアフリカにあることも知らなかったのはここだけの秘密です)

 

実際行ってみたところ、

生まれてこのかた見たことのない景色、建物、市場、街の人々、

空気感のオンパレード。

 

行ってみないと分からない、

一度行っただけでは満足できない、何度も行きたくなる国。

 

「モロッコって響きに、なんか惹かれるんだよね・・・」

「モロッコの迷宮都市で迷ってみたいなあ・・・」

「モロッコで本場のクスクスとかタジン料理を食べてみたいなあ・・」

 

「でも、実際のところ、どうなんだろう・・・・?!」

って思い煩うあなたに、

 

私達が満喫した、モロッコ古都フェズ

絶賛おすすめの過ごし方を紹介します!

 

モロッコ フェズの完璧すぎる邸宅リヤドでうっとり過ごす

Fez hotel2

 

ため息が出るほど素敵な空間。

古い邸宅を改装したホテル、リヤドです。

 

なんというか、こんなに洗練された美しい空間で過ごしたのは、

人生初の体験でした。

 

じつは、おんぼろのタクシーで、

舗装されていない土剥き出しの道をガタゴトと向かい、

ここだと言われた場所には、単なる土色のそっけない外観の建物が。

(「タクシー運転手に騙されて変な所に連れてこられたかも?!」と手に汗握ってました

 

「本当にここがリヤド?」と相当疑いながら、素朴な木のドアを開けると・・・・・

 

じゃーん!!!!

写真のような、めちゃくちゃ綺麗なお部屋が目に飛び込んできました。

「おぉ」と息を飲み、「素敵!!!!!」緊張感が一気に溶けた瞬間でした。

 

私たちが泊まったリヤドは、ご夫婦が経営しているこじんまりとした宿。

朝晩、リヤド特有の美しい中庭で、モロッコ出身の奥さまが作ってくれる最高に

美味しいお料理をいただきました。

(ちなみにご主人は気高い系のザ・フランス人で、ほぼ全く英語を話せず。

チャーミングな奥さまが終始、私たちの世話をしてくれました。)

 

breakfast-1624175_1920

 

朝ごはんはこんな感じでふるまわれました。

 

インテリアから食器までがトータルコーディネイトされていて、

“完璧”ってこういう状態をいうのね~ほぅぅ」とため息をつきながら

意味を噛み締めてました。

 

みなさんもこんな空間でうっとりしてみたくないですか?

 

ぜひ、モロッコのリヤドに泊まってきてくださいね!

 

モロッコの迷宮都市 フェズの旧市街(メディナ)を練り歩く

Fez1

 

リヤドの奥さまのおすすめで、1日目は、奥さまの知人のガイドさんに旧市街を

案内してもらいました。

 

これが、大正解!

 

おそらく60代後半位の、背筋のピンとした、終始穏やかな笑顔をたたえる男性ガイドさん。

 

「私はモロッコから出たことはないけれど、こうして世界中からフェズに

来てくれる人たちと出会えて、幸せだよ。」

「フェズやモロッコの歴史を伝えることがほんとうに大好きなんだよ。」

とにこやかに話してくれました。

 

世界遺産フェズの迷宮、旧市街の長きに渡る歴史や、建築物について、

丁寧に丁寧に説明してもらいました。

 igor-ovsyannykov-362900-unsplash

 

こんな、街中のいたるところに見られる、何度も呼吸が止まったほど

美しいタイルの秘密まで、教えてもらいました。

(ここでは字数の関係上、詳細は省略します。みなさま実際に行って聞いてきてくださいね!)

 

地元の人との触れ合いって、なんというか、人生のスパイスになりますね。

今でもたまに、「彼は今日もフェズの青空の下、情熱的に迷宮都市フェズを

案内してるんだろうな~」なんて思いをはせています。

 

さて、2日目は、お土産探しがてら、夫と2人でぶらつきました。

morocco-108634_1920

 

バブーシュ(スリッパ)、ラグ、テーブルクロスなどなど魅力的な物があふれてました。

 

ミントティーを飲みながらお土産屋のおっちゃんたちとわいわい雑談しながら

お買い物を楽しみました。

 

「日本人の特に女性は、財布が固過ぎるぜ~笑」なんてなかば呆れられ・・。

 

でも、おっちゃん正しかった・・・

バブーシュとかラグとか、日本で買うよりめちゃ安かったんだから、

潔くもっとたくさん買ってくればよかった・・。

貧乏性なもんで、ついケチケチしちゃうんですよね・・。

 

次回は、おっちゃんを喜ばせることを固く誓いました。

みなさんも、ミントティーがぶ飲みしながら買い物楽しんでくださいね!

 

モロッコのフェズでスパイスたっぷりエキゾチック料理を堪能する

Fez food

 

モロッコ料理といえば、タジン(鍋)料理とクスクス。

 

タジン料理には、日本の鍋料理のように、いろ~んな種類があります。

ラム好きな私はラム料理を選びがちでしたが、

野菜も新鮮で色が濃く、サラダもたくさん種類があって、毎食目移りしながら楽しんでいました。

私のお気に入りサラダは、真っ赤なトマトと玉ねぎにクミンパウダーが少し入った

シンプルドレッシングのサラダ。

 

どこでなにを食べても、味はもちろんのこと、目にも美しいお料理を堪能しました。

 

モロコ フェズ 旅行 おすすめ まとめ

1.モロッコ フェズの完璧すぎる邸宅リヤドでうっとり過ごす

2.モロッコの迷宮都市 フェズの旧市街(メディナ)を練り歩く

3.モロッコ フェズでスパイスたっぷりエキゾチック料理を堪能する

 

これが、私のモロッコの古都フェズ旅行おすすめの過ごし方です!

 

なんとなく憧れていたモロッコ旅行、

ぜひ行ってみてください!

ただ、くれぐれも、治安には気を付けてくださいませ。

世界を自由に旅する、そのヒントは?「職業旅人」で!

サブコンテンツ
go top