【職業旅人】ボルネオ島のおすすめ観光スポット!

職業旅人仲間のamiです~!

 

今回はわたしが足を運んだ マレーシアボルネオ島

へ行った時の体験談をお話ししたいと思います!

 

ボルネオ島といえば、「キナバル山」や

オラウータンの生息地を思い浮かべますか。

 

ボルネオ島は、マレーシア領インドネシア領

ブルネイの3つの国から成り立っているのです。

 

ボルネオ島は、世界で3番目に大きな島なのです。

そして、熱帯雨林気候に属しているため

多種多様な動物や植物などが生息しています。

 

有名なのは、世界最大の花ラフレシアですよね。

また、オラウータンの自然保護区ともなっています。

 

今回は、マレーシア領のボルネオ島について

お伝えします。

 

 

ボルネオ島

ボルネオ島は海も山もジャングルも楽しめるところなんですよ!

大自然満喫のボルネオ島~

 

 

ボルネオ島おすすめ観光スポット・キナバル自然公園!

キナバル

トレッキング好きの方には魅力的な「キナバル山」!

 

ボルネオ島の大自然を満喫したい方におすすめは

「キナバル自然公園」です。

世界遺産にも登録された大自然の宝庫です!

 

人気の観光スポットは、何といっても

標高4095メートルマレーシア最高峰のキナバル山!

 

キナバル山のふもとは、熱帯ジャングルが広がっています。

 また、キナバル山国立公園には、「ポーリン温泉」があるのです。

とはいえ、天然のプールみたいな感じですが。

 

日本とはひと味違う温泉を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

この周辺には、世界一大きなラフレシアが自生しているため

運が良ければ、開花した花をみれるかもしれないですね。

 

ラフレシアは数年かけて大きくなりつぼみの時期が9か月あり

開花すると数日で枯れてしまうのです。

希少価値高いですよね~

 

 世界中のダイバー憧れのボルネオ島・シパダン!

ボルネオ

 シパダン島に来るのが夢だったのです!

 

とっても小さなシパダン島に世界中から

何万人と訪れているのでしょうか。。。

 

 

ボルネオ島のセレベス海にシパダン島があります。

 シパダン

自然保護区のため、シパダン島は1日に120人までの

入場制限をしています。

 

世界中のダイバー憧れの海シパダンは小さな島で

1週30分ほどの島なのです。

 

自然・環境保護のために宿泊施設などは一切ありません。

 また、「ウミガメの産卵地」ともなっています。

 

海に潜れば、色鮮やかなサンゴ礁に熱帯魚に

バラクーダのトルネードが見事です。

 

シュノーケリングでも、大物の魚たちに

会うことが出来ますよ!

 

 ずーっと海に潜っていれるほど、神秘的な海でした!

 

 

ボルネオ島はマブール島で水上コテージに!

 

マレーシア2

憧れの水上コテージ~!

 

シパダン島へはボートで30分の場所にある

マブール島に泊まるダイバーの方がほとんどです。

 

わたしも、水上コテージに1週間ほど泊まり

のんびりとしてきました。

 

何もないマブール島では、海、散歩、読書と

とってもリラックス出来ました!

 

水上コテージでは、毎食マレーシアの料理が

美味しくって、幸せでした~

毎日、ごはんの時間が楽しみでした!

 

 

シパダン島3

水上コテージの上から、ウミガメが優雅に泳いでいるのが見えたり

可愛いニモがみえたり

ちょっと最初は揺れるのが怖かったのですが…

 

とっても快適でしたよ~!

ぜひ、水上コテージに泊まるのをおすすめします!

 

ボルネオ島 オラウータンの自然保護区・セピロック

 

ボルネオ1

オラウータンが身近で見えるのです。

 

ここは、環境保護や森林保護は大切なことだと

痛感させられる場所です。

 

そしてオラウータンを野生へ戻っていけるようにする

オラウータンのリハビリテーションなのです。

 

ボルネオ島とスマトラ島(インドネシア)にしか

生息していないオラウータンなのです。

 

マレーシア語でオラウータンは

「森の人」と言う意味になります。

 

入場料は、オラウータン保護活動に寄付されるため

ボルネオ島にきたら、ぜひオラウータンを見てみてくださいね。

きっと癒されますよ~

 

マレーシア首都クアラルンプール・ボルネオ島旅行のおすすめ・まとめ

 

いかがでしたか。

ボルネオ島は、ジャングルありきれいな海があり

自然の宝庫です。

 

ボルネオ島の最大の都市コタキナバルから

気軽にアクセスできる海や山もあります。

 

ぜひ、次の旅行のプランにしてみてくださいね。

 

ボルネオ島はほんとにおすすめです~!

世界を自由に旅する、そのヒントは?「職業旅人」で!

サブコンテンツ
go top