【職業旅人仲間レポート】北欧ノルウェー、オスロ旅行のおすすめ情報

職業旅人仲間のくるみです!

今回はわたしが足を運んだ国、ノルウェーの首都オスロへ行った時の

体験談をお話ししたいと思います!

10454295_785603061504292_8533047147562948580_n

北欧の1つの国、ノルウェー。

私が計画していた旅行では、2週間で5カ国をまわるという

結構ハードな日程だったので

ノルウェー滞在はわずか3日間でした。

 

今回はそんな少ない日程でも充分楽しめちゃうような

オスロの魅力と観光スポットを存分に

紹介しちゃいます!

 

オスロの観光について

物価が高いということで有名な北欧ですが

その中でも、特にここノルウェーが一番高くて

貧乏旅行をする私は本当に困っていました

 

観光のときは、移動のバスも便利で使い勝手がいいそうですが

なるべく安く済ませたかったので

私はオスロの市内をほぼ徒歩でまわりました笑

 

ありがたいことに、行きたいところが町の中心に

かたまっていたので、街中を散策しながら

ぶらぶらと歩いてまわることができるのも魅力ですよね。

 

食べることが好きなのに、ご飯はどれも本当に高く

パン屋さんでさえも300円~と

財布と相談してばかりだったのを覚えています。

 

ノルウェーはEUには加盟しているものの

共通通貨のユーロは導入していないので、現地で両替も必要です。

 

両替の手数料も高く取られてしまうので、滞在中にちょうど

使いきれるくらいのお金だけを計算して

替えることをオススメします!

 

一部の両替所でしか、日本円の取り扱いは出来ないので

ユーロもしくはドルでお金を準備するのがベター。

ただし手数料が二重でかかって、損しないようにしてくださいね。

 

オスロのオススメ観光スポット

「叫び」で有名なムンクはここノルウェーの画家。

他の作品も沢山展示されている

世界にここしかない、ムンク美術館は必見です。

 

その美術館は、広い公園の中ににぽつんと立っていて

私が行ったときはあまり人もいなくて

ゆっくりと見てまわることが出来ました。

10801935_785591811505417_3069528122405053093_n

初期の絵から晩年の作品まで、本当にたくさん所蔵されており

ムンクが使っていたパレットや筆などの備品も

展示されています。

 

「叫び」は入場してすぐの小部屋に飾ってあり

この部屋は光が入らないように

真っ暗なカーテンで覆われた特別な部屋になっていました。

 

暗闇の中に唯一当てられたスポットライトの先には

作品が飾られていて、ぐるぐると渦の中に

吸い込まれそうな感覚になるほど、やはり圧倒的だったのを覚えています。

 

この小部屋では写真撮影禁止でしたが

他の展示品は、表示がない限り写真をとっても良かったので

気に入った作品をいくつか撮れたのも良かったです。

 

美術館にはショップとカフェが併設されており

このカフェでしか食べれない「叫びケーキ」

あると調べていたので、早速注文してみました。

 

びっくりしたのはその値段で、ケーキと紅茶合わせて

約1500円ほどしたこと。

 

残念ながら、ケーキ自体は特に変わったものでもなく

ただ「叫び」がプリントされたプレートがのってるだけですが

記念に食べてみるのもいいかもしれません。

 

もう一人オスロで有名な、彫刻家ヴィーゲラン

作品だけを集めた彫刻公園があります。

ここは入場も無料で自由に見れるのに、それでも広大な敷地に

200点以上の彫刻が飾られていて圧巻の場所でした。

 

人間の生まれてから死ぬまでの人生をテーマに

老若男女問わずの人々は、まるで生きている人が

時間を止められたかのような生き生きとしたポーズで立っているのです。

 

10461429_785600711504527_5658862748793742603_n

喜怒哀楽もとてもたっぷりと表現されていて

同じポーズで撮りたくなるほど、どれも個性的な躍動感のある彫刻。

 

私が行ったのは10月末で、17時には日も暮れてしまうほどでした。

彫刻は全て室外にあるので、暗くなってしまうと全く見えません。

午前中かお昼にはこの公園を訪れるのがいいでしょう。

 

北欧ノルウェーオスロ 旅行 おすすめ まとめ

北欧はどこも、1年を通して日照時間も少ないので

観光の順番もとても重要だと感じた旅行でした。

物価は高いことは覚悟して、芸術に触れることのできるオスロを

楽しんで観光してみてくださいね。

世界を自由に旅する、そのヒントは?「職業旅人」で!

サブコンテンツ
go top