人に任せる「読書感想文の宿題は絶対にやらない!」

▼「ビジネス×物語」の記事一覧

Chapter 0 非常識講師紹介 世界の野良犬(自由業旅人)さわです!

Chapter 1 テコの原理「100円玉が200円?に変化する界王拳2倍」@7才

Chapter 2 見抜くセンス「0円チャレンジ!夏休みの自由研究」@13才

Chapter 3 人に任せる「読書感想文の宿題は絶対にやらない!」@16才(★今ココ)

Chapter 4 プロデュース「AKB×秋元P的ビジネススタイル」@17才←次のページ

Chapter 5 判断力「人生、反省はするけど後悔はしない!」@18才

Chapter 6 アイディアの融合「ナイスアイディアはパクる!」@19才

Chapter 7 自動化システム「美人OLの教え ヤマザキ春のパン祭」@22才

Chapter 8 ピンチ=チャンス「会社員クビ!翌月から野良犬生活」@26才

Chapter 9 未体験=可能性「日韓縦断ヒッチハイク伝説」@27才

 

topc301
 

■Chapter 2 【見抜くセンス】

・世間にとっては「必要ない物」

・自分にとっては「必要な物」

 

「世の中のニーズのギャップ」を見極める必要性。

このギャップがビジネスになることを学びました!

 

それを踏まえた上で…

非常識物語 ■Chapter 3です。

 

「読書感想文の宿題」

 

苦手なことはやらない!

…もう、この言葉通りです(笑)

 

結論から話しますと…

読書感想文を2,000円で書いてもらっていました。

 

【人に任せる】=「業務委託」です。

 

私は学生時代、小説とか物語とか全く興味が湧かず…

「読書」に対して非常にストレスを感じてました。

 

「読書感想文」…

私へのその評価は最悪なものでした。

 

先生に赤ペンで訂正されまくり…

 

・感想文になってません!

・「あらすじ」は書かないでください!

・ちゃんと読み取れてません!

・枚数は規則に沿って、原稿用紙4枚以上。

※マス目をかせぐのに、漢字を意図的にひらがなにし、改行などしてみたり(笑)

・鉛筆じゃなく、ボールペンで提出しなさいと言いましたよね?

※これは完全に私のミスです

 

などなど…

酷いもので、提出するたびに毎回説教です。

しかも再提出で、その後もなかなか受け取ってくれません。

 

84110418 
 

もし、あなたが私と一緒で、読書感想文が苦手なタイプなら…

この気持ちわかりますよね?

 

作文ではなく…

例えばこれが他の教科でも一緒です。

 

数学とか、化学とか…

※置き換えてイメージしてみてください。

 

私は完全に「作文」と言うものが嫌いになりました。

そして、先生は私に完全にノックアウトをさせる「強烈なパンチ」をカマしてきます。

 

新年早々の年賀状です…

「さわくん、今年はもっとたくさん本を読みましょうね」

 

えー…

もう二度と読書感想文を書く気になりませんでした。

そこで思いついたこと…!

 

dekisugi1 
 

友達に「お金あげるから作文を書いてくれ!」と言う作戦です。

自分は下記のようなイメージができました…

 

私が質の低い感想文を嫌々提出し、

 

先生同様にも不愉快になるくらいなら…

完璧な文章で提出した方が、お互い気持ちが良いはず!

 

国語の成績「5」の優秀な友達に2,000円で作文を書いてもらおう!

そして、それを喜んでやってもらう。

 

前回学んだ【見抜くセンス】を早速発揮!

 

※真面目くんに宿題依頼したら、「それはいけないと思う」みたいな感じで…

本気で怒られたりする場合もあるので注意です。

 

質の高い作文を提出すると…

 

先生…ストレスなし【さわを高評価】

さわ…ストレスなし【嬉しい】

友達…得意なことして小遣い稼ぎ【嬉しい】

 

↑これって、みんなハッピー!

 

最高なストーリーがイメージできたのです。

人生初の【人に任せる】=「業務委託」プロジェクト!

 

人を雇い、時間を自分のものにすることに成功…と、

途中までは完璧なサクセス・ストーリーだったのですが。

 

もしかしたら、お気づきかもですが…

友達が書いた原稿用紙をそのまま提出しました。

 

先生…字がいつもと違うことに気づき、しかも内容の質が高すぎる(怒)

さわ…ガクガク(((( ;゜Д゜))) ブルブル

友達…2000円ありがとう!

 

「アホ」です!(笑)

 

自分で書き直すのもダルくなり、名前だけ書き換え…

友達が書いた原稿をそのまま提出しちゃいました。

 

やはり私は最大のめんどくさがり屋。

当時はまだまだ特に「ツメ」が甘かったです!

 

そして私はその後…

 

失敗の経験を元に色々な裏ワザを「思考錯誤」しながら…

読書感想文を一度も書くことなく、課題を乗り越えていきました(笑)

 

この経験あたりから、ビジネス思考の開花の匂いがします。

110819_160157_ed
 

苦手なことは絶対にやらない!

「16歳さわの業務委託」

※ノンフィクションです(笑)

 

kaisetu 
 

【人に任せる】=「業務委託」

「時間をお金で買う」と言う発想です!

 

私が自由な時間がたくさんある理由は…

「全て自分の力で仕事していない」と言う真実。

 

「変わりに誰かが楽しく仕事をしてくれている」と言う、

「雇用を提供する仕組み」を構築しているのです。

 

・苦手な仕事を自分でやらない。

→効率が悪い上に、自分が幸せになれない

 

・もしくは人を雇って、自分の時間を作る。

→人が喜んでもらえる環境の提供をする

 

誰も文句が付けようもないわけです。

 

この■Chapter 3 のストーリーはビジネスと一緒で、

その人の強みである「価値」を最大限に活かしているのです!

 

世の中がハッピーになる本質の仕組みだと思ってます。

 

私が苦手、友達が得意なこと…

【見抜くセンス】ここに注力。

 

喜んで仕事をしてもらう=【人に任せる】

これが理想な関係だと思います。

 

 

私の良好な人脈は現在…

このような関係で成り立っています。

 

大人になった今ですが「本」が楽しいわけではなく…

世の中には「楽しい本」があることにやっと気づきました。

 

ちなみに楽しい書籍を紹介♪( ´θ`)ノ↓

 

あんだけ文章書くのが嫌いだった私がまさか楽しく「メール講座」を始めるなんて…

当時は思いもしませんでした(笑)

 

今の自分でもビックリしているくらいですから…

人生どうなるかわからないものです。

 

私の非常識物語&メール講座は…

この本のテクニックを一部参考にしております↓

101b

 

★ブログ、メルマガ、サイト作成など…

読者さんからたくさん反応とりたいなら必読書籍です!

 

  ■Chapter 3 自由な旅人になりたいなら知っておきたいこと↓

  • 物事全部自分だけで完結しないこと。
  • 人の強みである「価値」を最大限引き出す!
  • 時間が欲しいなら、お金で時間を買う!
  • 苦手なことは人にお願いして、仕事を任せる。
  • 助け合って良質な人間関係を構築する!

 

▼「ビジネス×物語」の記事一覧

Chapter 0 非常識講師紹介 世界の野良犬(自由業旅人)さわです!

Chapter 1 テコの原理「100円玉が200円?に変化する界王拳2倍」@7才

Chapter 2 見抜くセンス「0円チャレンジ!夏休みの自由研究」@13才

Chapter 3 人に任せる「読書感想文の宿題は絶対にやらない!」@16才(★今ココ)

Chapter 4 プロデュース「AKB×秋元P的ビジネススタイル」@17才←次のページ

Chapter 5 判断力「人生、反省はするけど後悔はしない!」@18才

Chapter 6 アイディアの融合「ナイスアイディアはパクる!」@19才

Chapter 7 自動化システム「美人OLの教え ヤマザキ春のパン祭」@22才

Chapter 8 ピンチ=チャンス「会社員クビ!翌月から野良犬生活」@26才

Chapter 9 未体験=可能性「日韓縦断ヒッチハイク伝説」@27才

サブコンテンツ

お名前(必須)


メアド(必須)


go top