こんにちわ!
世界の野良犬こと、さわです!

昨日のパタヤビーチの夕陽がめちゃめちゃ綺麗だったので、
▼YouTubeで動画UPしました!!
https://www.youtube.com/watch?v=HaBD7s84uks&index=48&list=PLYPHOm3j-A3kk96mcPMnf-9YO8jbbs8U6

こういう風にネットを活用して
ビジネスをもうすぐ2年ほど経ちますが…

iPhoneから簡単にYouTubeへ動画を
UPする方法を最近初めて知りましたw

━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のノラ通。…
あなたが目指すビジネススタイルは?
━━━━━━━━━━━━━━━━

今日はビジネススタイルに関して、
2つのパターンを例に短く簡潔にまとめて解説します。

これを理解すると、
あなたは「どっち派?」かわかるので、
ビジネススタイルの迷いがなくなると思います。


冒頭でもお伝えしましたが、
自分で独立を目指すためにビジネスをすると思いますが、
野良犬的見解で大きくわけて「2パターン」あると思ってます!

【1】自分メディアを作って「世界観」の情報配信で稼ぐ。
【2】専門分野「ネタ」に特化して稼ぐ。
のこの2つです!!

両方ともあればもちろん最強ですが、
どちらかがあれば、片方1コがしっかりあれば、
自立することは十分可能だと考えてます!!

どちらか一歩の善し悪しはないし、
人それぞれ向いているタイプがあると思います。

私はどちらかというと、
現行は【1】のスタイルをメインにやってます。

旅をしながら稼ぐ!というスタイルで、
動画、音声、ライティング、、、などで自分メディアが商品です。

自分メディアとは、
ある意味自分のテレビ、ラジオ放送局を持つような
感覚と似ています。

今の時代はネットの仕組みさえ活用できれば、
超ローコストで自分の主張やメッセージを配信できるのです!

もっとインパクトを与える他の言い方をするのであれば、
自分がタレントでもあり、芸人、アーティストにもなれるのです。

このように「自分自身を商品」にして、
「あなたもこういうことやって楽しんでビジネスやりませんか?」に、
共感してくれた仲間作りを私は意識しています!

【1】が向いている人は、
「独自の世界観」、「訴えたいこと」、「伝えたいメッセージがある」
ことが前提になって来ますが、

総合的に見て、
自分の発言で世の中を変えたい!って人のような気がします。

★特に私が運営している「野良学」で推奨している
ビジネススタイルがこの【1】の情報配信型ビジネスです!

━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、【2】のタイプですが、
私はこの情報配信ビジネスをやる前に稼いでいた方法でもあります。

過去にヤフーオークションビジネスをメインに収益を上げていました。
これはこれで面白いわけです!!

【1】のタイプに比べて、
物販なので収入に直結しやすい、
目に見えて利益がわかりやすいという利点があり、

逆に、
※「自分メディア」で稼ぐにはまだ抵抗がある。って場合は
コチラの【2】のビジネススタイルがオススメです。

■安く仕入れて、高く売る!
これがビジネスにおいて、
利益を出すためのテッパン的な考え方です。

せどり、海外輸入、転売、オークション、ネットショップ、アマゾン、ヤフオク、、、

あなたは聞いた言葉がひとつくらいあるかと思いますが、
私の周りにもけっこうこの分野で稼いでいる仲間もいます。

もしあなたもこの【2】の専門分野に興味があれば、
私の仲間を紹介して「実際に稼ぐ」ことを経験してほしいです。

海外輸入ビジネスで生計を立てながら
日本と海外を旅しているビジネス仲間を紹介します!

実際に昨日、そのビジネス仲間の
田原こうきさんとオンライン対談を集録しました!
沖縄とタイを私も一緒に旅をしたこともある仲間です!

実際に【2】のタイプで大きく稼いでいるタイプで、
さらに教えてた生徒さんもサラリーマン、会社員をやりながらも、
20-30万円の月収を稼がれているそうです!!

パソコンさえあれば海外在住の場合も
ビジネス可能なようなので、
ぜひ音声を聞いてヒントを掴んでみてくださいませ!

━━━━━━━━━━━━━━━━
〈1〉▼さわ×田原「実績作り」に関しての
音声対談(約20分)はコチラです!
https://saway.jp/audio/140914sawakouki.mp3
━━━━━━━━━━━━━━━━

〈2〉▽無料オンラインコンサル相談に関してはコチラから!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpUcvXz
━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のノラ通。は以上です!!
ぜひ音声聞いてご感想やご相談があればメッセージくださいませ。

ありがとうございました!
さわ